【監視カメラ設置のメリット・デメリット】公立学校の監視カメラ

公立学校の監視カメラを設置するメリット
公立学校の内外で監視カメラを設置する事により、通学路での犯罪も未然に防ぐ可能性が期待できます。特に暗視カメラを使って、ナイトビジョンで撮影する物を利用すると夜間でも鮮明な画像を記録する事が出来るので、日中だけではなく、夜間の犯罪も未然に防ぐ効果が期待できるのです。

次に公立学校の中で職員室などの重要な箇所に設置することで、情報の持ち出しをするのを防ぐ事も出来る為、個人情報の流出を防ぐ事が出来ますし、空き巣などの被害があった場合にも簡単に詳細を確認する事ができます。

また公立学校内の廊下やグラウンドに設置することで、生徒たちの動向を監視する事が出来る為、学校内で起きた問題を素早く察知する事が可能になり、トラブルも未然に防ぐ事が可能です。更にグラウンドや正門や裏門に設置しておくと公立学校内に不審者が立ち入った場合にもいち早く対応をする事が可能になっており、生徒たちの安全管理にも役立ちます。監視カメラがあれば、不審者が逃げてしまった場合にも特徴がわかりますし、警察への届けを行いその後の捜査に協力する事も出来るので、同じ不審者が何度も来ることが考えにくくなります。
生徒が不審者に連れ去られてしまう事件も近年では多くあるので、監視カメラを設置する事によりこれらの事件を未然に防ぐ効果を期待する事が可能です。

公立学校の監視カメラを設置するデメリット
一番の多くの問題はプライバシーに関する問題です。生徒や教師にもプライバシーがあるので、いつでも監視カメラが監視している状況を嫌がる方も多いのが、導入が進まない理由の一つとして挙げられます。またこれは生徒や教師だけではなく、親御様も同じような意見を持っている方が多く、自分の公立学校では問題が起きていないので導入する必要はないと感じている方も多数おられ、まだ監視カメラの重要性が認識不足の状態とも言えます。

次に公立学校の場合には自治体が予算を出してくれないと設置する事が出来ないので、なかなか自治体を説得する事が出来ないのもデメリットの一つです。これは監視カメラ自体の価格が高額な物が多く、自治体も一つ返事で予算を出すという事が言えない所にもあります。
また監視カメラで撮影したデータ管理をどの様に管理をしていくのかと言う課題が残ります。万が一画像が流出してしまった場合の事を考えると誰が責任をとるのかと言う問題が出てくるので、これらかの課題が解消する事が出来ないことには公立学校では監視カメラの導入を行うのは難しく、メリットよりデメリットを感じてしまう方も多いかもしれません。
実際に公立学校が監視カメラを導入する為にはこれらのデメリットを上回るメリットを提示する必要があり、それに向けて国の支援も必要になるはずです。

他にもデメリットとして、監視カメラを設置する事が出来たとしても死角が出来てしまう所です。監視カメラの数を多く増やしても死角を排除する事は簡単ではなく、見えない場所というのは必ず出来てしまいます。

死角を作らないように広範囲にわたって、監視カメラを設置すると莫大な費用もかかりますし、監視カメラの台数が多いと故障してしまった場合の修理費用の問題や生徒のいたずらにより壊されてしまった場合の補償問題にも発展する可能性があります。

実際に生徒のいたずらで壊された場合は犯人が特定できたとしても費用請求をするのは難しい場合が多く、親御様からの反感を買う可能性が出てくるのです。その分教師が対応する事になり、監視カメラがあるせいで教師への負担も増える可能性も考えられます。
更に監視カメラは不審者などには効果的ですが、親御様から授業の風景をみたいなど、他の名目で監視カメラの映像を確認したいという申し出を受けたり、自分の子供の映像を確認したいという申し出を受ける可能性も出てきます。

これらの申し出を安易に受けてしまうと他の親御様からプライバシーの問題を指摘されたり、一人に見せてしまうと他の親御様からの申し出を断る事ができなくなってしまい、教師の負担はどんどん大きくなり、結局外したほうが良いのではと言う事にもなりかねません。
普通に考えるとメリットが多く、導入を進めるほうが安全面から考えると最善の方法の一つにはなりますが、デメリットも様々ある為、安易に導入するのではなく、話し合いをして納得した上での導入が望ましくなります。