【選び方のポイント】セキュリティカメラの購入方法

自分の安全は自分で守るのが当たり前となったこの時代、セキュリティカメラの購入を検討している方も増えています。でも、いざ購入しようと思うとあまりの種類の多さに、どんなポイントに注意して選んでいいのか分からなくなってしまいます。そこで、特徴やその選び方をまとめました。

まずは、どこにセキュリティカメラを設置したいかを考えましょう。屋外に設置するか屋内に設置するかで、選ぶものは大きく違います。屋外への設置を検討している場合、風雨にさらされるため耐久性を重視して選ぶ必要があります。特に防水、防塵機能を備えているものを選んだ方がよいでしょう。また、夜間にも映像を残す必要があるので、暗視機能付きのカメラを選ぶ方がよいかもしれません。一方、屋内への設置を検討している場合、部屋の中には家具や壁などの死角が多いため、できるだけ広範囲を撮影できるものを選ぶようにしましょう。また、特定の方向だけでなく、部屋全体をカバーできるようにする必要があります。場合によっては、1部屋に2個以上のカメラを設置しなければならないかもしれません。屋内での夜間の撮影には、赤外線撮影、夜間撮影に対応したものを選ぶのがおすすめです。

また、セキュリティカメラを防犯よりも見守りのために使いたいという人の場合は、ネットワークカメラを設置して、遠隔地からもリアルタイムで画像や動画を見られるようにするのがいいでしょう。介護が必要な家族がいるとか、小さな子供だけで留守番しなければならない、あるいは昼間ペットだけになってしまうというような家庭は、検討してみるのもいいかもしれません。

セキュリティカメラの設置場所や目的を把握したうえで、実際にどのような形のものを選ぶか決めます。セキュリティカメラには大きく分けて、ボックス型と呼ばれるものとドーム型と呼ばれるものの2種類があります。ボックス型は、初めて見る人でもそこにカメラがあることがわかります。非常に威圧感が強く目に留まりやすいです。そのため、特に防犯を重視して屋外に設置する場合に向いています。また、カメラのレンズは外の状況をそのまま撮影することができるため、鮮明な映像を残すのに適しています。玄関先や駐車場などに設置すれば、空き巣対策にも効果を発揮することでしょう。その反面、外観やデザイン性を重視する人には不向きといえるかもしれません。ドーム型は、カメラを半円状のカバーで覆っています。そのため、デザインを重視して雰囲気を壊したくない場合には最適といえます。また、広角撮影が可能となるメリットもあります。その反面、映像の鮮明さはボックス型より劣ってしまいます。また、カメラそのものの存在に気づきにくいことから、威圧感が少なくなり防犯面では劣るということが言えます。どのような場所に設置するか、デザイン性と防犯性のいずれを重視するか、といったことを考えて設置する必要があります。

また、カメラを何台購入するかということも考えなければなりません。商品によってカメラの台数が1台のものもあれば3台、4台以上のセットになっているものもあるからです。実際に購入する際に、どの程度の防犯レベルを想定しているか考える必要があります。例えば、玄関先や駐車場、通りからの死角になっている場所だけ撮影できればいいということであれば、広角撮影が可能なカメラが1台あれば十分かもしれません。ただし、屋外での撮影になるため、防水や防塵といった機能や、夜間の撮影に対応するものを選ぶ必要はあります。もう少し広範囲に防犯を考えているのであれば、2、3台程度のカメラで家の周りを撮影することで、できるだけ死角をなくすということを考える必要があります。防犯性を高めるために、1台は外からよく見える場所、2台目は死角になっている場所といったように設置場所を考えるとより高い効果が得られるはずです。徹底的に防犯をするのであれば、4台以上のカメラで家の周りをぐるりと取り囲むように撮影するのがよいでしょう。セキュリティカメラが設置されていることがどこからでもわかるため、外部への威圧感も増します。また、不審者に対する威嚇や外部への通報機能を備えたものもあるため、不安は一掃されることでしょう。

いろいろハードルが高そうなセキュリティカメラも、一度設置すれば、その後の生活の安心感は他には代えられないものです。ぜひ、自宅の状況やセキュリティカメラの利用目的を考えたうえで、検討してみてはいかがでしょうか。