【2017年 特選25】屋外監視カメラのおすすめ機種

2017年に発売された屋外監視カメラ中には様々なタイプのものが存在しています。カメラも年々進化しており、各社がしのぎを削っているのが現状です。実際に屋外カメラを付ける場合には質の良いものをつける必要がありますが、この時人気順位から判断する方法もあるでしょう。そこで、お勧めの屋外監視カメラを25種類あげていきます。

一つはPLANEXスマカメCS-QR100Fになります。ころからの特徴は10インチモニターが用いられており室内からも監視することができるだけでなくスマートフォンでも対応できます。二つ目はNETGEAR Arlo Pro VMS4230-100JPSです。この商品の特徴は、録画機能が付いているだけでなく、バッテリーが充電できます。また、マイクを内蔵しているので音声も記録できる点がポイントです。三つ目は、KEIANC7823WIPでこの商品は設置が簡単なだけでなく、画質もきれいになっており鮮明に録音した画像を見ることができます。四つ目は、パナソニックKX-HC600K-Wで画質が良く。操作性も抜群なのが特徴になっており、雨が降った時などでも鮮明に見ることができるでしょう。五つ目はNETGEAR Arlo Q VMC3040-100JPSになりますが、この商品のすごいところは8倍ズームまで対応しているところでしょう。少し遠いところでもズームを利用すればきれいに見ることができます。

六番目は、ELPA CMS-7110になりますが、この商品は特に昼間の精度はすばらしく、かなり鮮明に映像を見ることができるのが特徴です。七つ目がPLANEXスマカメCS-QR20と呼ばれるもので、かわいいデザインが魅力的なだけでなく、扱いやすさは抜群といえるでしょう。8位はPLANEXスマカメ180 CS-QV60Fとなり、七つ目の商品と姉妹品になります。女性向けのデザインでホワイトが美しく画質が良いためバランスが優れているといえます。9番目は、デザイン性の高い商品としてマスプロWHC7M2が挙げられますが、当然ながら必要十分な動画を撮影することができるのもポイントと言えます。10番目の商品はパナソニックVL-WD813Kになりますが、この商品の特徴は30万画素を用いており遠くの方でも鮮明に撮影することができ番犬の代わりになるのは間違いないでしょう。

同じくパナソニックの商品にパナソニックKX-HC600-Wが販売されていますが、このカメラは、夜間に撮影するときでも画像がきれいで防犯対策としては必要十分なものと言えます。12位のカメラはサンワサプライ400-CAM062で、なんと100万画素を用いているため、ほかのカメラに比べると圧倒的に映りがよいのがポイントです。値段も安くお手頃な点も見逃すことができません。13位は、12位と同じ会社が作っており画質の良いサンワサプライ400-CAM061になります。デザイン性が重視されている点もポイントの一つです。14位には、昼間画質が良いだけでなく夜間でも画質が良いIODATAQwatch TS-WRLP/Eが人気になっています。200万画素を利用しており画像が鮮明なだけでなく、幅広い範囲を見渡すことができるのもポイントと言えるでしょう。15番目は、遠隔操作ができるものとして、パナソニックBB-ST162Aが存在します。画質が特別よいわけではありませんが、屋外カメラとして考えた場合には全体的なバランスが良く万人に受け入れやすい商品です。

16番目以降は、IODATAQwatch TS-WLC2やTS-WRLP、PLANEXスマカメProfessional CS-QP50Fなどもそれぞれ人気の商品となっています。有名メーカーの中では、パナソニックKX-HJC100K-W、WV-S1511LN、JBB-SW175Aなどの種類もあり、それぞれお買い得な値段となっているのもポイントになります。VCC-1やエレコムのNCC-EWF100RWHそしてパナソニックVL-WD712K、KX-HC500K-Wも使い勝手がよく多くの人に受け入れられているのが特徴です。

このように、屋外監視カメラにもさまざまな種類があり、それぞれが特徴的なことがわかるでしょう。大きく分けると、300万画素などの画質の良いものや多機能が付いているものそしてデザイン性を重視しているものなどに分かれます。値段が1万円から3万円の間のものが多いですが、格安のものを利用するならば5000円程度から購入できるの商品があるのもポイントになります。どれを選んだらよいかは、単純に順位だけでなくどのような目的で屋外監視カメラを利用するかによってわかれてくるところです。

目的をしっかりと定めたうえで、よく比較しながら購入するならば後悔しない監視カメラ選びをすることができるはずです。もちろん、カメラが設置できる場所があるかを確認しておくことも大事になります。