監視社会とは?そのメリットとデメリットを考える

監視社会という言葉を耳にしたことはありますか?読んで字のごとく、監視の進んだ社会です。進んだ…という表現よりは…監視の徹底した社会という意味合いで使われることの方が多いこの言葉ですが…実際にこれがどのような社会を表すのかご存知でしょうか?この言葉には悪いイメージが付随しがちですが、本当にそうなのでしょうか?今回はこのテーマについて、難しくなり過ぎずに検討してみたいと思います。

監視カメラを専門に扱うウェブサイトを運営することで、私は「監視」の定義を考えるものです。確かに、親が子供を監視する…隣人の動向を監視する…犯人を監視するなどと言えば、危険な雰囲気が漂います。しかし、プールの監視員はいかがでしょうか?危険でしょうか?いえいえ、むしろ、危険を察知してそれを未然に防いでくれる頼れる存在です。面白いもので、監視は使われる文脈で怖い意味合いも優しい意味合いも持つことができます。

それでは、先ほどの「監視社会」という言葉に返って考えてみましょう。日本は監視社会でしょうか?監視社会という言葉の定義ははっきりしていないので…明確な線引きをすることは簡単ではありません。Wikipediaによると監視社会とは以下のような意味になります。

監視社会(かんししゃかい)とは、警察官や軍隊、憲兵などにより過剰な監視が生じた社会の事…。街頭や公共施設における多くの監視カメラの設置などがあげられる。 ソビエト連邦、中国や北朝鮮では、党や軍が一方的に国民を統制、監視しているため、監視国家といわれる。

ここでのポイントは「過剰な監視」です。そのような意味で監視自体は何も悪くない、決して、ポジティブでもネガティブでもない言葉であることがわかります。また「多くの監視カメラの設置」という文言も、監視カメラに特化したウェブサイトを運営する者としては、無視できない表現です。注目したいのは「多くの」です。監視カメラの設置は、適切であれば、それはあらゆる危険を防ぐ手段となります。

だからと言って、監視カメラを増やすことが常に正義なのかと言えば、全くそんなことはありません。これは安全とプライバシーの欠如を秤に掛けて考えるべきトピックです。どれだけ安全であっても、全てが監視されている社会では、落ち着くことすらできません。有名なイギリスの作家ジョージ・オーウェルの小説に1984年というものがあります。これのテーマはズバリ、監視社会。監視がいきすぎた社会はどのようになってしまうのか…そんな部分に警鐘を鳴らす作品となっています。決して新しい本ではありません。むしろ、かなり昔に執筆された書籍です。なんと、驚くべきことに、イギリスでリリースされたのは1949年のこと。第二次世界大戦からさほど立っていないそんな頃に、もう監視社会の危険性を訴える作品が誕生していたのには驚きを隠せません。

この頃に、誰が…監視カメラが街のいたるところに設置された社会を想像できたでしょうか?誰が…自由に国の権力者の非難を口にすることのできない社会を想像したでしょうか?…実際、後者については、独裁社会の存在を知っていれば、容易に想像できることかもしれませんが、監視カメラとの関連性で監視社会を語る視点は秀逸です。

では、私たちはなぜ…このような仮説を以前から知っていた(または少数の人は危惧していた)にも関わらず…早めに手を打ってこなかったのでしょうか?その一つは、おごりでしょう。「本当に監視社会なんかやってくるの?」のような懐疑心です。SFの中の物語だと思ってあぐらをかいていた人はたくさんいたことでしょう。少し話が脱線しますが、SFの世界を単なるSFと考えない思考は非常に重要です。特に変化の激しい世の中では…数十年前にSFの世界に登場していたものは、すでに明日には生まれる…そんな状況なのです。スマホ一つを例にとってみても、物事の進化の速さを如実に感じます。

さらにもう一つ理解しておくべき点があります。それは、社会のシステムです。より具体的に言えば、社会の階層でしょうか。事実として、社会の大部分を支配する(直接的であれ間接的であれ)人と、そうでない人がいます。そして、社会を支配する側がその利益を確保するために何をするか考えてみれば答えは明確です。決して都市伝説の類を語ろうというつもりはありません。むしろ、これは揺るぎのない事実なのです。例えば大企業の経営者、政治家、国の権力者などなど…もちろん全員とは言えませんが、そのような人が利益を確保するために、監視社会というコンセプトはあまりにも好都合なのです。

ただし、それは、使う側の話。監視カメラそのものは危険を未然に回避するために開発された、頼れる存在です。どのような人が使うのか。どのように使うのか。これが明暗を分ける。今後の監視のあり方を社会の構成員一人一人が考えていきたいものです。

【2017年 特選25】屋外監視カメラのおすすめ機種

2017年に発売された屋外監視カメラ中には様々なタイプのものが存在しています。カメラも年々進化しており、各社がしのぎを削っているのが現状です。実際に屋外カメラを付ける場合には質の良いものをつける必要がありますが、この時人気順位から判断する方法もあるでしょう。そこで、お勧めの屋外監視カメラを25種類あげていきます。

一つはPLANEXスマカメCS-QR100Fになります。ころからの特徴は10インチモニターが用いられており室内からも監視することができるだけでなくスマートフォンでも対応できます。二つ目はNETGEAR Arlo Pro VMS4230-100JPSです。この商品の特徴は、録画機能が付いているだけでなく、バッテリーが充電できます。また、マイクを内蔵しているので音声も記録できる点がポイントです。三つ目は、KEIANC7823WIPでこの商品は設置が簡単なだけでなく、画質もきれいになっており鮮明に録音した画像を見ることができます。四つ目は、パナソニックKX-HC600K-Wで画質が良く。操作性も抜群なのが特徴になっており、雨が降った時などでも鮮明に見ることができるでしょう。五つ目はNETGEAR Arlo Q VMC3040-100JPSになりますが、この商品のすごいところは8倍ズームまで対応しているところでしょう。少し遠いところでもズームを利用すればきれいに見ることができます。

六番目は、ELPA CMS-7110になりますが、この商品は特に昼間の精度はすばらしく、かなり鮮明に映像を見ることができるのが特徴です。七つ目がPLANEXスマカメCS-QR20と呼ばれるもので、かわいいデザインが魅力的なだけでなく、扱いやすさは抜群といえるでしょう。8位はPLANEXスマカメ180 CS-QV60Fとなり、七つ目の商品と姉妹品になります。女性向けのデザインでホワイトが美しく画質が良いためバランスが優れているといえます。9番目は、デザイン性の高い商品としてマスプロWHC7M2が挙げられますが、当然ながら必要十分な動画を撮影することができるのもポイントと言えます。10番目の商品はパナソニックVL-WD813Kになりますが、この商品の特徴は30万画素を用いており遠くの方でも鮮明に撮影することができ番犬の代わりになるのは間違いないでしょう。

同じくパナソニックの商品にパナソニックKX-HC600-Wが販売されていますが、このカメラは、夜間に撮影するときでも画像がきれいで防犯対策としては必要十分なものと言えます。12位のカメラはサンワサプライ400-CAM062で、なんと100万画素を用いているため、ほかのカメラに比べると圧倒的に映りがよいのがポイントです。値段も安くお手頃な点も見逃すことができません。13位は、12位と同じ会社が作っており画質の良いサンワサプライ400-CAM061になります。デザイン性が重視されている点もポイントの一つです。14位には、昼間画質が良いだけでなく夜間でも画質が良いIODATAQwatch TS-WRLP/Eが人気になっています。200万画素を利用しており画像が鮮明なだけでなく、幅広い範囲を見渡すことができるのもポイントと言えるでしょう。15番目は、遠隔操作ができるものとして、パナソニックBB-ST162Aが存在します。画質が特別よいわけではありませんが、屋外カメラとして考えた場合には全体的なバランスが良く万人に受け入れやすい商品です。

16番目以降は、IODATAQwatch TS-WLC2やTS-WRLP、PLANEXスマカメProfessional CS-QP50Fなどもそれぞれ人気の商品となっています。有名メーカーの中では、パナソニックKX-HJC100K-W、WV-S1511LN、JBB-SW175Aなどの種類もあり、それぞれお買い得な値段となっているのもポイントになります。VCC-1やエレコムのNCC-EWF100RWHそしてパナソニックVL-WD712K、KX-HC500K-Wも使い勝手がよく多くの人に受け入れられているのが特徴です。

このように、屋外監視カメラにもさまざまな種類があり、それぞれが特徴的なことがわかるでしょう。大きく分けると、300万画素などの画質の良いものや多機能が付いているものそしてデザイン性を重視しているものなどに分かれます。値段が1万円から3万円の間のものが多いですが、格安のものを利用するならば5000円程度から購入できるの商品があるのもポイントになります。どれを選んだらよいかは、単純に順位だけでなくどのような目的で屋外監視カメラを利用するかによってわかれてくるところです。

目的をしっかりと定めたうえで、よく比較しながら購入するならば後悔しない監視カメラ選びをすることができるはずです。もちろん、カメラが設置できる場所があるかを確認しておくことも大事になります。

【監視カメラ設置のメリット・デメリット】公立学校の監視カメラ

公立学校の監視カメラを設置するメリット
公立学校の内外で監視カメラを設置する事により、通学路での犯罪も未然に防ぐ可能性が期待できます。特に暗視カメラを使って、ナイトビジョンで撮影する物を利用すると夜間でも鮮明な画像を記録する事が出来るので、日中だけではなく、夜間の犯罪も未然に防ぐ効果が期待できるのです。

次に公立学校の中で職員室などの重要な箇所に設置することで、情報の持ち出しをするのを防ぐ事も出来る為、個人情報の流出を防ぐ事が出来ますし、空き巣などの被害があった場合にも簡単に詳細を確認する事ができます。

また公立学校内の廊下やグラウンドに設置することで、生徒たちの動向を監視する事が出来る為、学校内で起きた問題を素早く察知する事が可能になり、トラブルも未然に防ぐ事が可能です。更にグラウンドや正門や裏門に設置しておくと公立学校内に不審者が立ち入った場合にもいち早く対応をする事が可能になっており、生徒たちの安全管理にも役立ちます。監視カメラがあれば、不審者が逃げてしまった場合にも特徴がわかりますし、警察への届けを行いその後の捜査に協力する事も出来るので、同じ不審者が何度も来ることが考えにくくなります。
生徒が不審者に連れ去られてしまう事件も近年では多くあるので、監視カメラを設置する事によりこれらの事件を未然に防ぐ効果を期待する事が可能です。

公立学校の監視カメラを設置するデメリット
一番の多くの問題はプライバシーに関する問題です。生徒や教師にもプライバシーがあるので、いつでも監視カメラが監視している状況を嫌がる方も多いのが、導入が進まない理由の一つとして挙げられます。またこれは生徒や教師だけではなく、親御様も同じような意見を持っている方が多く、自分の公立学校では問題が起きていないので導入する必要はないと感じている方も多数おられ、まだ監視カメラの重要性が認識不足の状態とも言えます。

次に公立学校の場合には自治体が予算を出してくれないと設置する事が出来ないので、なかなか自治体を説得する事が出来ないのもデメリットの一つです。これは監視カメラ自体の価格が高額な物が多く、自治体も一つ返事で予算を出すという事が言えない所にもあります。
また監視カメラで撮影したデータ管理をどの様に管理をしていくのかと言う課題が残ります。万が一画像が流出してしまった場合の事を考えると誰が責任をとるのかと言う問題が出てくるので、これらかの課題が解消する事が出来ないことには公立学校では監視カメラの導入を行うのは難しく、メリットよりデメリットを感じてしまう方も多いかもしれません。
実際に公立学校が監視カメラを導入する為にはこれらのデメリットを上回るメリットを提示する必要があり、それに向けて国の支援も必要になるはずです。

他にもデメリットとして、監視カメラを設置する事が出来たとしても死角が出来てしまう所です。監視カメラの数を多く増やしても死角を排除する事は簡単ではなく、見えない場所というのは必ず出来てしまいます。

死角を作らないように広範囲にわたって、監視カメラを設置すると莫大な費用もかかりますし、監視カメラの台数が多いと故障してしまった場合の修理費用の問題や生徒のいたずらにより壊されてしまった場合の補償問題にも発展する可能性があります。

実際に生徒のいたずらで壊された場合は犯人が特定できたとしても費用請求をするのは難しい場合が多く、親御様からの反感を買う可能性が出てくるのです。その分教師が対応する事になり、監視カメラがあるせいで教師への負担も増える可能性も考えられます。
更に監視カメラは不審者などには効果的ですが、親御様から授業の風景をみたいなど、他の名目で監視カメラの映像を確認したいという申し出を受けたり、自分の子供の映像を確認したいという申し出を受ける可能性も出てきます。

これらの申し出を安易に受けてしまうと他の親御様からプライバシーの問題を指摘されたり、一人に見せてしまうと他の親御様からの申し出を断る事ができなくなってしまい、教師の負担はどんどん大きくなり、結局外したほうが良いのではと言う事にもなりかねません。
普通に考えるとメリットが多く、導入を進めるほうが安全面から考えると最善の方法の一つにはなりますが、デメリットも様々ある為、安易に導入するのではなく、話し合いをして納得した上での導入が望ましくなります。

監視カメラについて全くの初心者が知っておくべき3つのこと

 

監視カメラの購入を考えていますか?それとも、なんとなく監視カメラがどんなものか知りたいだけ?いずれにしても、監視カメラについて知っておくべき大事なポイントをまとめてみました。監視カメラのイメージは案外、怖い、暗い…などのあまり明るいものではありません。だからこそ、知っておいてほしい項目を作りました。それでは、一つ一つ見ていきましょう。

 

  1. ナイトビジョンはどうなのか

 

いなり専門的な言葉が…と焦らないでください。難しいことではありません。ナイトビジョンとは、つまり、夜に撮影するための機能です。監視カメラを家に設置する目的で購入する場合には、この機能がしっかりと搭載されているかどうか確認しておきましょう。特に玄関などに設置する場合には、暗い時に撮影できなければ、ほとんど意味がないとも言えるでしょう。ほとんどの屋外監視カメラは、IR(赤外線)機能またはナイトビジョンの機能を備えています。なので、これがついていない監視カメラを間違えて買わないようにしてください。もちろん、用途や設置場所により違いはありますが、家の外に設置して、防犯用に使うのであれば、間違いなくこのナイトビジョン機能に注目してください。さらに、例えば電化製品の店などで購入する際には、ナイトビジョンについて、性能の違いをきくことで、監視カメラの選定をするのもオススメです。ナイトビジョンに使用されるLED(発光ダイオード)は、暗くなると自動的にオンになります。これの効果は大きく、実際、監視するだけでなく、泥棒に威圧をかけることができます。これに驚き、犯行を諦めるという効果が期待されるのですね。

 

  1. 監視する範囲の違いはどうなのか

 

どのような場所や目的で使用するのか。とにかくこれは、監視カメラを購入する前にはっきりとさせておきましょう。そうしないと、実際に監視カメラを選ぶ際に、どれが一番適切なのか判断するのが難しくなってしまいます。カメラにはいろいろな特性があり、それぞれに得意不得意があるものです。その中の基本が映像を記録することのできる範囲の違いでしょう。どのような範囲で、カメラを活用するつもりですか?広範囲ですか?それともせまい、限られた場所ですか?監視カメラの中にはPTZ(パン・ティルト・ズーム、スピード・ドーム)やPZ(パン・ズーム)カメラというものがあります。これらは、ある意味で特別なカメラで、公共の機関や大企業では、オペレータが望むように多方向に移動したりズームインしたりする能力があるため、しばしば使用される傾向にあります。ショッピングモールや公共の道路では、多くの事柄が展開しており、同時に非常に広いスペースを監視するために使用されているため、すでにこれらが設置されているのを、あなたも見たことがあるかもしれません。よくテレビで見られるように、万引きの犯人などを捕まえるのを助け、そして公衆の脅威を引き起こすかもしれない人々を特定するのにも大いに効果を発揮しています。

 

  1. IPまたはアナログ?

 

これも最初に言葉だけを見ると難しいと思われがちですが、そんなことはありません。ご心配なく。監視カメラには、IPなのか又はアナログなのかという違いがあります。IPとアナログ監視カメラには多くの違いがありますが、主なものは電源とビデオレコーダーに物理的に接続する方法だと言えるでしょう。簡単に言えば、IPカメラは独自のIP(インターネットプロトコル)アドレスを持ち、プライベートホームネットワークに接続します。壁のイーサネットソケットに直接接続することができ、これが、家のローカルネットワークにたどり着きます。この単一の接続ケーブル(CAT5 /イーサネットケーブル)を通して、カメラは電源を受け取り、同時にビデオレコーダーにデータの送信も行います。一方、アナログの監視カメラは、データの送信と、電力の獲得を別々に行います。カメラから出ている1本のケーブルは、電源ケーブル(12V DC)とビデオケーブル(RJ59)の2つに分かれています。 1つは電源に接続し、もう1つはビデオレコーダーに直接、接続します。現時点では、アナログの監視カメラのほうが、コスト効率が高く、一度ケーブルを取り付けると、より良い機器にアップグレードすることが容易になる傾向にあります。

 

以上、今回は基本的な点をご紹介しました。監視カメラの仕組みや種類を全て一気に理解しようとすると簡単ではありません。だからこそ、難しい部分は後回しにして、もう少し簡単なところから一緒に学んでいきましょう。